2021 OHArchitecture

西宮の住宅

Project

引き込まれた外部

60年前のRCで作られた端正な住宅のリノベーション。増築や改修が繰り返されおり、昔の良さが無くなっていた。まず庭とプールを最大限に活かすために家と庭をつなぐように外部テラス+アウトリビングを挿入した。リビングはテラスに面する壁をぶち壊し、フルハイトのサッシで内外をつなげることで庭と親密な関係をつくりつつ、LDKをつなぐように10mのグリット壁面収納を挿入し、一体感を作り上げた。

また、2人で住むには大きい家なので、細切れの部屋を整理し、アーチ開口で単位ごとに区切ることで、様々なプロポーションの空間を創りつつ、全体の統一感を生み出すことを目指した。例えば、趣味室や家事室やエントランスギャラリーなどはアーチで区切ることでその空間の質に変化を与えている。

クライアントが幼少期に住んだ思い出の家を、昔の面影を残しつつ、邸宅がもつ質を全体に遡及させることで、新しくて懐かしい雰囲気が紡げたのではないかと思う。

More Photos
2021.11.05

致せりつくせりの竣工写真

天気も良く、絶好の写真日和でした。茶室、趣味室、ゲストルームなど部屋数が多いので、朝から一日中撮影しました。

昼飯やケーキをご馳走になり、フェラーリにものせてもらったりと、楽しく有意義な時間を過ごせました。今から出来上がりが楽しみです!

 

 

2021.07.20

蛇篭の風景

2021.06.25

素材とプロポーション

2021.06.14

光と色

2021.05.11

何もない天井が良い

2021.04.07

現場でサンプル確認

2021.03.12

現場着工しました

2020.11.15

過去の作り手からのメッセージ

2020.09.29

現場解体立会

2020.09.17

コンセプトモデルの作成