2021 OHArchitecture

宇治の住宅

Project

レセプターとしての余白の増築

日本画は、余白の巧みに扱う事で、奥行きや伸びやかを表現してきた。建築においても、余白のがある事で付加価値が生まれ、豊な空間が可能になる。

既存建物の南側に環境を享受する余白(軒下・バルコニー)を増築することで、既存建物に付加価値を与える。部屋を増やすのでは無く、余白を増やすことで、外部へのびやかな空間を獲得することに成功している。

More Photos
2019.12.24

10㎡未満の増築

既存建物に対して、土間ホール, 軒下空間, バルコニーを

増築し、既存の空間を豊かにすることを目指しています。

 

斜めの壁はデザインだけではなく、

1階の床面を少なくしつつ、

2階のバルコニーは大きくするための

ソリューションになってます。

 

2019.11.16

最強の断熱材?