岡崎の住宅 / House in Okazaki

愛知 岡崎 建築設計 デザイン 住宅

愛知 岡崎 建築設計 デザイン 住宅 愛知 岡崎 建築設計 デザイン 住宅 愛知 岡崎 建築設計 デザイン 住宅

離れの離れ

まず母屋との関係について考えます。

母屋に対して離れをつくるように、ある程度の距離を持って住宅を配置します。
それはお互いに家として独立しながらもコミュニケーションを取りたい、そんな関係によるものだと思います。

距離を持つことで、母屋と離れの間には中庭が生まれます。
今までは敷地の残りという扱いであった外部空間が、建物に挟まれることでそこには家族同士の行き来やコミュニケーションの場として、
積極的な外部空間である中庭となります。

今回新たに建てる住宅も同様に考えます。
住宅の中でも比較的パブリックな場所であるリビングと、プライベートな各部屋とを庭を介して設計します。
中庭としてのおおらかな丘が、家族間のプライバシーを確保すると同時に、コミュニケーションを促します。

建物や部屋をつくることで、“それ以外の場所”をつくりだします。
この考え方で、住宅地でありながらも常に緑と隣り合った、豊かな住空間を提案します。




コメントは受け付けていません。