岡山の住宅 / House in Okayama

岡山の住宅

岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅
岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅
岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅
岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅
岡山の住宅 岡山の住宅 岡山の住宅

この住宅を設計する上で考えたことは、「空を近づける」ということです

敷地は商業地域で、周りにはマンションから古い民家まで、様々なスケールの建物が所せましと建ち並んだ街並みを形成しています。
少し建物から引いて見るとこれらの街並みのスカイラインは、それぞれの建物の集合により空と居住空間の境界を作り出しています。
そんな住宅地の中における、空と居住空間の関係について考えます。
厳しい斜線制限・高さ制限の中で無理に上を目指し、空と関係を持とうとし天井高さを高くするのではなく、
空と居住空間の境界をつくり出す屋根を少し近づけることにします。
マクロな視点から見ると、屋根のスカイラインにひずみが生まれ、空がほんの少し近づく感覚が得られます。
ぐっと引き下げられた空と住空間の境界である屋根は、少し手を伸ばせば届いたり、立上れば顔を出すことができたり、
人の行為にとても近い場所として存在します。
この住宅においては、おおらかな屋根とその向こうの空を近くに感じられる魅力が存在します。




コメントは受け付けていません。