安城の家 / House in Anjyo(前職担当物件)

壬生松原 町屋 古民家 改修 京都

中と外が等価な住宅

住宅地での“住宅”と“庭”のあり方について考えた住宅です。
家という箱の中で内部と外部が1:1 となるような、家を真っ二つに分ける壁を設計します。
一般的に敷地に家が建ち、その建物(内部)と残り(外部)といった主と従の関係ではなく、この家では内部と外部お互いが等価である関係を築いています。
半分が“住宅”で、もう半分が“庭”のような家です。
大きな窓を開ければ、リビングが庭のような場所となったり、スタディスペースが屋外デッキのような場所となります。
また階段や廊下がインナーテラスのような場所となります。
反対に、庭で料理をしたり食事をしたりすれば、庭がダイニングキッチンのような場所になります。
住宅地の多くに建ち並ぶ広い“住宅”と狭い“庭”のように、境界がはっきりしているのではなく、この家では“住宅”と“庭”が等価な関係だからこそ、
お互いの境界はあいまいなものとなり、住まう人の行為によって住宅と庭は1:2 の関係になったり3:1 の関係になったりします。
この家では、“住宅”が“庭”へ出ていったり、“庭”を“住宅”に引き込んだり、庭が生活の一部に溶け込んだ豊かな住まい方となることを提案しています。




コメントは受け付けていません。