宇治の共同住宅(住戸) / Apartment in Uji

宇治の賃貸マンションのリノベーション LDKイメージパース

記憶を継承する住まい

京都府宇治市で賃貸マンションの一室をリノベーションするプロジェクト。
元々は昔の公団住宅のようなプランで、ふすまでいくつもの小さな部屋に分けられていました。
ライフスタイルの多様化が進み、現在では大きなワンルーム等が流行であるように、少し大きめの部屋で、そこでいろいろな生活シーンを展開する流れにあるように感じます。
小さく部屋わりしていた住宅を、少し広めの少ない間数の住宅にする事が求めらています。
様々な用途に対応する様部屋を大きくしつつも、これまで日本で主流だった部屋のスケール感を残すことは、住む人にどこか心落ち着く空間を実現できるのではと考えました。
そんな落ち着くスケールを感じられるように、改装前の既存間仕切り壁のフレームを残しながらも、部屋を大きく改装する事を考えました。
新しく改装する部分と、改装しない既存の古い部分が一つの空間に現れる住宅です。




コメントは受け付けていません。